Knife Sharpening

 ナイフを研ぐ(シャープニング又はホーニングとも言う。)のは、難しいと頭から決め込んでいる人が、意外と多いと思います。しかし、ナイフの切れ味が気になりだしたら、理屈抜きにして砥石に向かってください。ナイフファンなら研ぎが出来るようになりたいものです。では、用意するものは、濡れたタオル(これは、砥石が動かないよう砥石の下に敷くため)、砥石、ホーニングオイル、乾いた布です。砥石は、荒砥、中砥、仕上砥とありますが、ホーニングするナイフの刃によって決めてください。普通であれば、中砥で充分だと思います。
 砥石には、オイル・ストーンと水砥石があります。それぞれに、天然のものと、合成のものとがありますが、合成のもので充分です。一般に、炭素鋼などには、水砥石が良く合い、ステンレス系には、オイル・ストーンが良く合うと言われています。ナイフにも、木を切るのか、削るのか、魚や野菜を切るのか、それとも肉を切るのかで、研ぎ方も違ってきます。ナイフは、道具です。最初に購入されたナイフの刃角を保つよりも、自分の用途にあった研ぎ直しをしたいものです。シャープニングは、実際には、熟練した技術が必要ですが、何度もチャレンジして上手になればいいのであって、失敗を恐れてはダメです。「習うより慣れろ」です。
1.オイルストーン全面にオイルを塗り、オイルが乗っている状態にする。
2.ナイフを研ぎたい角度にセットし右手首がローリングしないよう注意し20~25ストロークを目安に研ぐ。
3.刃先の曲線部に入ったら、徐々にナイフを立てて、アールに合わせてゆっくり研ぐ。あくまで手首はローリングしないように。
4.研いだ反対側に、エッヂの返り(バリ)が指で感じられるようになったら、バリの出ている側を、2.の要領で研ぎ落としのないように研ぐ。

 Touch Up

 アウトドアで切れ味が落ちたときに、応急処置的に、簡単に刃付けする作業をタッチアップと言います。まず、エッヂ角に合わせてCS-18セラミックシャープナー(カタログにも掲載)を傾け、ナイフを上から下へと垂直に滑らしていくのが、最も簡単な方法です。エッヂの返り(バリ)が出たら、反対側のエッヂを下から上へ滑らせてください。このタッチアップは、あくまで応急処置であって、こればかり繰り返していると、刃の傷み、刃の減りが早くなってしまうので注意してください。
 スティックを削るような感じで、ブレードを立たせる。刃を起こし気味でスタート。ワンアクションで根元から先までシャープニング。ポイント付近もカーブに合わせて角度を調節。
 片側が終わったら反対側へ。スティックを先から手前へ向けて削るような動作になる。ポイント付近はスティックを外側に降るように。特にポイントがスティックを離れる時はケガに注意。

 Aftercare

 ナイフといえども例外ではなく、使ったあとは、必ず手入れしないとサビが発生し、フォールディングナイフなどは、ブレードの動きが、悪くなってしまいます。ナイフの素材は、ステンレスが主流ですが、ステンレスは、サビないのではなく、サビにくいというだけで、勘違いしないでください。フォールディングの場合は、ブレードはともかく、中にはスプリングがスチール製であったりすれば、スプリングがサビで破損したりしてダメになります。使った後はまず、ブレードの油分や、塩分、汚れを取り除くことが肝要です。カタログにも載っていますCS-15ラストガード(A)錆防止スプレー、CS-16ラストクリーン(B)錆取り、CS-17クリーンパワー(C)汚れ取り・つや出しが最適です。もちろん、ハンドルも天然の素材を使用している場合やはり、汚れを落としたり、革であれば専用のオイルを忘れないでください。ただ、革に塗る場合は、ミンクオイルだけは、決して使わないでください。革が柔らかくなりすぎますから・・・・・・・。

 Knife Manner

シースナイフを収納するときの注意点
 シースとは、シースナイフを入れる専用のケースのことで、ブレードがピッタリ納まるように型取りがされています。
 ブレードの形になっているから、当然、前後があります。もしうっかり、ナイフを逆に入れてしまうとシースの形状と合わなくなってしまい、刃を傷めることになるし、シースを突き破ってしまうことも考えられます。シースナイフをしまうときには、刃の向きをしっかりと確認してからしまう習慣をつけるようにしたいものです。
当社のナイフ寸法
 ※カスタムナイフ・鍛造品などの場合は刃長、重量、全長に、若干の誤差が出る場合がありますので御了承ください。
フォールディングナイフの安全なたたみ方
 ナイフでケガをする場合、特に多いのが、フォールディングナイフをたたむときです。フォールディングは知っての通り、使わないときにはブレードをハンドル内部にしまっておける安全性の高いナイフ。ところが、このメカニズムが、逆に思わぬ事故を招いてしまいます。
 フォールディングナイフをたたむときには少々コツが入ります。フォールディングナイフには、ブレードを保持するために内部にスプリングの力に負けて、指を刃とハンドルに挟んでしまう人が多い。特にロックがついているナイフに多い。ロックを解くためにはハンドルを握らなければならず、ロックを解いた後にハンドルを持ち替えないと、指を切ることになります。
 ハンドルをしっかりと握って、ロックを解いたら、次にナイフをゆっくりとハンドル側にたたんでいく。このときに力が抜けてしまうと、ブレードがバネの力で勢いよく閉じてしまいケガをしてしまいます。ハンドルを持った指先に充分注意してください。